プロフィール

なぎさ なぎ

Author:なぎさ なぎ
http://sanag1nas.web.fc2.com/
↑私のサイトです。お香について雑学などなど書いています。最近調べることに火がついてしまい、いろいろお寺巡りまで計画しだす始末(笑)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ正倉院感想

 今度こそ!正倉院の感想を書きます。

 先週火曜日、学校からJRで乗り継ぐ方が安く行けたため、3限さぼって、せっせとJRを乗り継いでいきました。

 まず、風景からして違う!
 ゴミゴミしていない。田舎とは思いませんが、決してごちゃごちゃしてはいない。
 古都・奈良を守るみたいな意識が働いているんでしょうが、まだ奈良ですらない場所ですでにそうでした。

 平日の、それも真昼間(まっっっぴるま、と読む)ですから、お客さんもそれはそれは微々たるもんです。
 バスの中でも、そこそこでした。

 それが・・・



 おぉ、正倉院の近くだけ見事に人だかり。


 いやね、平日ですから。人ごみがあり得ないってわけではないんです。
 展示みるのにやたら時間かかってんのは明らかに人だかりで展示が見えへんからやけど。
 

 昔から秋だけに宝物を取り出していたようで、それで正倉院展は秋にやるんでっせみたいな事も書いてありました。
 正倉院は実は貴族や庶民からの税を納めてある場所でもあったようです。

 聖武天皇のお宝以外に、貴族から奉納されたものもたくさんありましたよ。
 かの有名なあのお椀、ハクルリノワン→白瑠璃椀(漢字忘れました。資料はガッコにおいてきました(爆)また正しい漢字を書きます)も見てきましたが、あれも貴族から・・・やったかな。

 ところで、あのお椀って電車のつり広告で見ていると一抱えほどもありそうですが、両手にこぢんまり収まるサイズでした。
 ・・・おお・・・ちっちゃい!!


 ところで、今回の個人的メイン宝物は・・・

 全浅香。

 ぜんせんこう、と読みます。
 展示の近くの案内では、「浅香とは沈香の一種」と書いてありました。

 ちょっと笑ってしまいました(笑)

 何でかというと、沈香っていうのは、簡単に説明すると木に樹脂が沈着してできるものなんですが、浅香っていうのは、その樹脂が少ないものなんです。
 沈香は樹脂の重みで水に沈みます(だから沈水、じんすい、といったんです)が、浅香は沈みません。

 つまり、沈香の格下くん。

 まさか、聖武天皇の宝物が、格下くんだとか書けませんよね(笑)

 だからといって聖武天皇をナメてはいけません。
 彼はさらなる沈香も宝物として納めてあります。
  


 蘭奢待、らんじゃたいって読むんですけど、そんな香木があります。

 「おごりたかぶった侍が必ずほしがる」という意味があるとか。信長も強引に削っていってしまったっていういわく付きのものです。
 漢字の中に、それぞれ「東」「大」「寺」が含まれています。わかりますか?

 「言われてみればその通りやん!」ですよね!
 ちょっと面白い漢字を使ってうまいこと名前をつけたなぁ、と感心してしまいます。

 この沈香、もちろん現存しています。
 ただ・・・

 勅封っていいまして、天皇直々の封印がなされているんです。 

 一般人は見ることができません。
 正倉院を管理している人はどうか知りません。
 でも、彼らですら見れないなら一体誰が管理するねんって話ですから、誰かが管理はしているんでしょうね。

 全浅香ですら、そのスケールに圧倒されてきました!
 なら、この天皇直々の封印って、一体どんなすごい香木なんでしょうね?


 で、他の宝物ですが、

 全浅香を見ることにすべてを賭けていたのであんまり見ていません。

 いや、ほんとに。
 でも、正倉院におさめられた品々の様々な記録は見てきました。

 あんなに詳細に書いているとは!
 そして、赤の墨で訂正までしているとは!!

 ああ、赤ペン○●みたいなことをそんな昔からしてたんか。
 すごい!!

 正倉院の宝物は、シルクロードを通っていろんなところから集まってきたものだそうです。
 そういえば小学校の授業で聞いたような・・・

 さらに、その世界的価値はおろか、保存状態もおっそろしいほど素晴らしいため、とても貴重なものなんだそうです。

 なぎは神戸に生まれていてよかったです!
 奈良も、電車賃かかるけど近いですし、こんな素晴らしいものが見られるのはすごいです。

 今まで興味なかったんで全然見ていませんでしたが、こういう歴史を知るのもおもしろいです。

 あ、グッズも物色してきました、モチロン(笑)

 それはまた今度お話したいと思います。
 

 ああ・・・長い日記やなぁ(笑)
  
スポンサーサイト

<< さらに正倉院プラスお誕生日 | ホーム | 正倉院展 >>


コメント

正倉院いいですね。
小学校の修学旅行で行ったような気がします。
もう記憶としてもうっすらとしか残ってないので、
また寺院巡りの観光に行ってみたいです。

リンクの件、ありがとうございました。
あまり慣れていないもので、ちゃんとできているか、、。
一度、チェックしてもらえますか?
すいませんが、よろしくお願いします。

すみません

 すごいですよ!今日の日記にも書くつもりですが、補修された宝物もいくつかありました。
 それ、たいていが明治時代(おそらく明治維新の影響と思いますが)にされているそうですよ。

 リンク大丈夫でした!あの。。。言い忘れてたかもですが、本館の方にリンクを貼っていただければ嬉しいです・・・

 私の方からは、ブログと本館のダブルでそちらのブログに貼って大丈夫でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。